環境への負担の少ない寝具の選び方を紹介!家もサステナブルに!

快適な睡眠に必要不可欠な寝具。最近では、眠りを追求した高性能な寝具が増えていますが、一方で寝具のリサイクル率は低く、2%くらいだそうです。大半の寝具が焼却処理されているので、できる限りゴミの量を減らしたいですね。

この記事では、サステナブル(サスティナブル)な寝具の選び方を紹介します。長く使えて、環境への負担が少ないタイプを選びましょう。

寝具で必要なものは?

  • マットレス・敷布団
  • ベッドフレーム・すのこ
  • 掛け布団・羽毛布団
  • カバー・シーツ
  • 肌掛け・タオルケット
  • 毛布

新生活を始めるときや引っ越すときに必要な寝具のリストです。肌掛け・タオルケットは夏までに準備しておくと便利です。毛布は冬にあると暖かく寝られますね。

サステナブルな寝具の選び方

長く使えるものを選ぶ

最近では、安くて手軽に買える寝具も増えていますが、ファーストファッションのように寝具の交換も早くなっている感じがします。耐久性が高く、長く使えるものを購入すると、ゴミを減らせます。修理しやすさも考慮して買いたいですね。

自然な素材を選ぶ

寝具にはさまざまな素材が使われていますが、プラスチックを含まない自然な素材を選んだほうが環境にやさしいです。特に、オーガニックコットン・オーガニックウール・オーガニックラテックスなど、資源を栽培する環境への負担が少ないオーガニック製品がおすすめです。

オーガニック認証を受けた商品に与えられる認証・GOTSや、有害物質が安全基準値以下を示す認証・OEKO-TEX®を選ぶと、第三者機関がチェックしているので安心できます。

木材には、森林管理された木材を使用している商品に付けられるFSC認証を参考にできます。森林に住んでいる生き物や近隣に住んでいる人への配慮がされているので、サステナブルですね。

リサイクル素材を選ぶ

合成素材に比べると、処理をするときに自然に還る天然素材がいいですが、天然素材を取得するのには資源が必要です。一方で、リサイクル素材は新しい資源の使用量を減らせるので、とてもサステナブル。リサイクル・リユースがもっと増えるといいですね。

フェアトレードを選ぶ

シーツや枕カバーなどの布製品は、オーガニック素材だけでなく、フェアトレードにもこだわりましょう。生産過程で働く人の労働環境や正当な賃金を保証しているので、社会にもサステナブルな商品に貢献できます。

中古やレンタルも要チェック

ベッドのフレームやマットレスなど、中古やレンタルでも提供があります。あまり高い予算が出せなかったり、短期で使用する予定の人は新品よりも中古で購入したりレンタルしたほうがサステナブルです。

ベッドは部屋の印象をガラっと変える家具なので、どんなベッドを使いたいのか悩んでいるなら、レンタルでいろいろな形やサイズを試してみるのをおすすめします。

サステナブルな寝具を紹介!

マットレス・敷布団

ベッドフレーム・すのこ

コアラスリープジャパン楽天市場店
¥59,900 (2023/11/19 21:25時点 | 楽天市場調べ)

掛け布団・羽毛布団

カバー・シーツ

ハーモネイチャー 楽天市場店
¥7,920 (2024/04/11 16:21時点 | 楽天市場調べ)

肌掛け・タオルケット

オーガニックSHOPメイドインアース
¥13,200 (2024/04/27 06:06時点 | 楽天市場調べ)

毛布

通販で買える中古商品

短期にピッタリの寝具のレンタルサービス

かして!どっとこむ

ベッドやすのこなどをレンタルできる「かして!どっとこむ」です。マットレス・シーツ・寝具も借りられるので、短期でベッドが必要な人にピッタリ。新品と中古から選べます。

公式サイト

家具家電レンタルのかして!どっとこむ

CLAS

ベッドやマットレスなどの種類が多い「CLAS」。さまざまな形のベッドフレームがあり、ベッドのデザインを試したい人におすすめです。マットレスの違う種類を試すことができるので、寝やすいタイプが見つかりそうですね。

公式サイト

家具・家電レンタル「CLAS」

airRoom

収納ベッド・すのこベッド・ローベッドなどがレンタルできるairRoom。いろいろな形のベッドが試せます。試してみて気に入った商品を購入できるサービスもあり、購入を考えている人にもおすすめです。

公式サイト

airRoom

サステナブルな寝具で睡眠を取ろう!

あまり話題にならない寝具のサステナブル。大きいアイテムだからこそ、使い終わった後のことを考えたいですよね。安全性を考えながら、できるだけ長く使いたいです。寝具を交換するときや、新生活で家具を揃えるときにサステナブルな商品も検討してみてください。